スタフ staph/道尾秀介

◆本の内容


夫婦で移動デリをやるはずだったのに旦那の浮気が原因で離婚して独りでやっているお姉さんが仕事中に勘違いで誘拐されて、あーだこーだでアイドルのスキャンダルの芽を潰すために駆け回り、甥っ子がウッヒョー!で塾講師がヒャッハー!な家族の物語です。うん。内容がサッパリ伝わりませんね。具体的な内容が知りたい人はAmazonさんでも見て確認してください。



◆感想


 おぉ、相変わらず道尾さんの作品は子どもが強いな。
 主人公は大人の女性ですが物語の中心は子どもたちです。
 子どもたちの純粋で切ない想いが読みどころでしょう。

 あんまりミステリー色は強くありませんでした。
 「犯人は誰だ?!動機は?!トリックは?!」みたいな感じではありません。
 ガッツリとミステリーではあるのですが、なんとなく添え物的な印象です。

 全体的には面白く読めましたが終わり方が個人的には微妙でした。
 良く言えば「余韻が残る」でしょう。
 悪く言えば「モヤモヤする」です。
 これからの展開を予感させる終わり方ではありますが
 ハッキリとした結末が示されるわけではありません。

 個人的には、結末までキッチリと書ききった作品の方が好みです。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日は休日ですね。

 ……と書こうと思っていたのですが
 雪が降っているので「今日は雪ですね」にします。

 今日は雪ですね。

 私は雨よりも雪の方が好きです。

 理由は雪合戦ができるから(−−)b

 ……というのもありますが、そこまで濡れないからです。

 雪だと表面に乗っかるだけなので
 「ぶるぶるぶるっ((−−))」と身体を揺すれば水が染み込みません。

 もちろん完全に濡れないわけではありませんが
 雨よりも濡れにくい(染み込みにくい)のは確かです。

 ということで、雨の日は家にこもりたくなるのですが
 雪の日は用もないのに外に出たくなります。

 まぁ、寒いから出ないけど(−−)

 今はコタツの中に入ってコーヒーを飲んでいます。
 やっぱり、ぬくぬくの方が好き(*´ェ`*)

スポンサーリンク

タグ:道尾秀介
posted by ササキマコト at 14:46 | 小説