まんがでわかるセブン‐イレブンの16歳からの経営学/迫ミサキ、セブン‐イレブンジャパン

◆本の内容


女子高生のおねーちゃんがセブンイレブンでバイトするマンガを通して、セブンイレブンの経営哲学とか上手く回すための仕組みとかを見てみような本です。



◆感想


 セブンイレブン自体にはあまり興味がありませんが、
 マンガなので読んでみました。

 ふむふむ、なるほど(−−)

 思ったより読みやすくて面白かったです。
 「興味がありませんが」とか言って、ごめんなさい(−人−)

 一般的な「経営学」と捉えるとイマイチに感じるかもしれません。
 経営『学』というよりは「事例」ですね。
 「セブンイレブンでは、こんなことをやってるんだよ〜」が書いてあります。

 コンビニで働いている人からすれば当たり前のことなのかもしれませんが
 私はコンビニで働いたことがないので
 「へ〜、こんな風になってるんだ」と興味深く読めました。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日で3月が終わりですね。
 ついでに2017年度が終わります。

 私は個人事業なので12月31日の方が区切り感は強いのですが
 会社とかの場合は3月31日までを1年とする年度区切りが多いでしょう。

 私の周りでも3月はサラリーマンの方や経営者の方が、いろいろ頑張っています。

 大変ですよね。
 買い物なんかも3月に買うのと4月に買うのでは大違いですから。

 「予算を使い切るために買いまくれ〜!」な人がいる一方
 「予算が足りない〜!早く4月になって〜!」な人もいて、
 ついでに、それに振り回されている自営業の友人とかもいて、
 「おぉ、修羅場ってる(−∀−;)」と思いながら眺めています。

 そんな立場の人は(無理だけしないで)頑張ってくださいね〜(−−)ノ

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 12:11 | ビジネス書