ハーメルンの誘拐魔 刑事犬養隼人/中山七里

◆本の内容


母親が目を離した隙に記憶障害を持つ少女が誘拐された。現場には少女の生徒手帳とハーメルンの笛吹男を印刷したハガキが残されていた。刑事の犬養隼人は犯人を追うが、その最中、次の事件が起きる。誘拐事件は連続誘拐事件となるが、捜査を進めるうちに、さらに事態は複雑になり……みたいな話です。誘拐事件と薬害がテーマな犬養隼人シリーズの第何作目かです。



◆感想


 基本的に警察ものは好みではないのですが、
 それなりに楽しめるくらいには面白かったです。
 多分、登場人物に慣れていたからでしょうけどね。

 本作の主人公・犬養隼人とパートナーの高千穂明日香は
 シリーズの他の作品でも出てきます。
 それらの作品を先に読んでいて馴染みがあったので
 キャラ物の小説として楽しめました。

 警察もののミステリーとしては……どうなんでしょうね(−−?
 もともと警察ものを読まないので、よく分かりません。
 私は楽しめましたが「犯人が、すぐ分かる」というレビューもあったので
 人によるのでしょう。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、2日に1回更新の弊害が出ました。

 エイプリルフール・ネタに参加できなかった!<( ̄◇ ̄;)>

 去年はエイプリルフールに便乗して
 『わわわIT用語辞典』の宣伝をしたのですよ。

 こんな感じでφ(−−)

 ■2017年4月1日の記事
 http://i-3-i.seesaa.net/article/448621598.html

 今年は4月1日が更新する日じゃなかったから
 エイプリルフールを逃しちゃったなぁ(−−ゞ

 仕方がないので、普通に宣伝しておきます。

 こんなのを作って運営していますφ(−−)

 「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

 自画自賛ですが、IT専門外の人が読む分には役に立つと思います。
 どーぞ、ヨロシクです(−−)ノ

スポンサーリンク

タグ:中山七里
posted by ササキマコト at 07:42 | 小説