皇帝と拳銃と/倉知淳

◆本の内容


死神みたいな乙姫警部と容姿端麗な鈴木刑事のコンビがお届けする倒叙形式のミステリー短編(中編)集です。「運命の銀輪」「皇帝と拳銃と」「恋人たちの汀」「吊られた男と語らぬ女」の4編が収録されています。



◆感想


 倒叙ものでした。
 倒叙ものというのは犯人が最初から分かっている状態で
 犯人と探偵の駆け引きがあーだこーだなミステリーです。
 主に犯人目線で話が進みます。
 パッと思いつく有名どころは『刑事コロンボ』とか『古畑任三郎』ですかね。

 個人的に倒叙ものは好みに合わないことが多いのですが本作は楽しめました。
 死神のような風体に「乙姫」という可愛らしい名前の警部、
 「鈴木」という平凡な名前ながら容姿端麗な刑事、
 キャラクターも立っているし、話も結構面白かったです。

 ……ただ、前半の2作に比べて後半の2作が若干ネタ切れ感を感じました。
 面白くないというわけでは決してないのですが、
 前半2作にはあった趣向が後半2作にはなかったので
 「思いつかなかったのかな(−−?」と邪推しています。

 「面白かったけど次作を書くのは難しそうかな?(−−;」というのが
 率直な感想です。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日は、ちょっくら急な外出の予定が入りました。
 ということで今は

 てんやヾ(−−;ヾ)

 わんや(ノ;−−)ノ

 しています。

 ……って、踊ってる場合じゃないからっ(−−;)ノぺちっ

 いってきまーす(((((/;−−)/

スポンサーリンク

タグ:倉知淳
posted by ササキマコト at 09:19 | 小説