ソバニイルヨ/喜多川泰

◆本の内容


勉強嫌いで「普通」であることを心がけている少年・隼人が家に帰ると「張りぼてロボット」がいた。彼の名前は「UG(ユージ)」らしい。最初は相手にしなかった隼人だが、とある出来事で周囲から孤立したのをきっかけに、ユージと話すようになる。隼人の話を聞いたユージは素朴な疑問を投げかけるが……。少年が父親の作ったロボットとの触れ合いを通して「アイ」を学ぶ物語です。



◆感想


 中高生くらいの年代で読むのが一番良さそうな内容ですが、
 素直な心で読めるのであれば、大人でも楽しめると思います。

 私は、今の状況に合致する内容が多かったせいか
 いろいろと考えるきっかけにできました。
 気持ちを新たに、あんなことやこんなことに取り組めそうです(−−)☆

 まぁ、喜多川泰さんの作品は私の好みに合うことが多いので
 ひいき目も入っているとは思いますけどね。

 読んで良かったと思える一冊でした。


◆お気に入り度


 星5つ:★★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、絶賛ゴールデンウィーク引きこもりモード中です。
 親の仇のようにパソコンさんをペチペチしまくっています。


 ぺちぺち(−−)mm


 ぺちぺちぺちぺち(−−)mm


 ぺちぺちぺちぺちぺちぺち(@_@)mm


 ぺちぺちぺちぺちぺちぺちぺちぺち(;@_@)mm


 ぱたっ(O;__)O


 (O__)O Zzz・・


 みたいな生活をしています(−−)ノ

スポンサーリンク

タグ:喜多川泰
posted by ササキマコト at 13:50 | その他