放課後に死者は戻る/秋吉理香子

◆本の内容


何者かに崖から突き落とされた僕は、気が付くと病院のベッドの上にいた。別人になって。僕の魂は、転落の巻き添えになった人物の身体に入り込んでしまったようだ。僕は僕を突き落した犯人を捜すために、元いたクラスに転校生として潜入する。一体、誰が何のために僕を突き落したのか?……と思っていたんですけどね。実は……みたいな話です。



◆感想


 面白かったです。
 真相が分かった瞬間、前に戻って読み返してしまいました。

 いやー、なるほど。
 だから、あの時、あの人は、あんな風だったのですね。
 こっちはアレだから、コレか。
 ふむふむ。

 どんでん返し系のミステリーは好みなので
 個人的な満足度は高かったです。

 前に読んだ『暗黒女子』も結構面白かったので
 他の作品も買って読んでみようと思います。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、やる気の神様は相変わらず滞在中なのですが、
 いかんせん身体の方が付いてこないようです。

 昨日は25時くらいには寝たのですが、起きたら11時でした。
 1日の約半分が既に終わってる(ノ∀`)

 まぁ、いいや。
 しっかりバッチリ睡眠補給できたので、良しとします。

 それでは今日も一日(半分、終わってるけど)頑張るぞーp(−−)q

スポンサーリンク

タグ:秋吉理香子
posted by ササキマコト at 14:16 | 小説