天帝妖狐/乙一

◆本の内容


トイレの落書きを通して行われる些細なコミュニケーションが恐怖へつながる「A MASKED BALL」と、行き倒れた謎の青年と心優しい少女のおぞましくも優しい心の交流を描いた「天帝妖狐」の中編2作が収録されています。



◆感想


 「A MASKED BALL」と「天帝妖狐」の2作が収録されています。
 個人的には「A MASKED BALL」の方が好みでした。
 しっかりオチもついていますし、それでいて余韻も残ります。
 きっと前川先生はアイツですよね。
 想像が膨らみます(*´ェ`*)

 「天帝妖狐」の方も余韻は残りますが、純愛小説っぽい感じでした。
 私は、あまり純愛小説には興味が湧かないので……(−−)
 好きな人は好きだと思いますけどね。
 個人的には可もなく不可もなくでした。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、ゴールデンウィーク最終日ですね。
 我が家に滞在中のやる気の神様も
 そろそろ、お帰りに……あれ(−−?

 なんか、もう少しいてくれそうな雰囲気です。
 延長戦に突入できるかな?(−−ゞ

 とはいえ、やる気の神様は気まぐれです。
 いつ、お帰りになるか分かりません。

 お帰りになる前に進められるだけ進めようと思います。

 よっしゃ!
 やるぞp(−−)q

スポンサーリンク

タグ:乙一
posted by ササキマコト at 14:14 | 小説