六本木ヒルズの天使/木下半太

◆本の内容


不本意な形で殺された人がモンスターとして蘇ってしまい、殺した奴に復讐するのを吸血鬼が手伝ってくれる連作短編集です。「東京湾の人魚」「井の頭線のフランケンシュタイン」「新宿二丁目の狼男」「築地卸売場のゾンビ」「六本木ヒルズの天使」「浅草花やしきの河童」の6編が収録されています。



◆感想


 あー、この方は短編より長編の方が面白いですね。

 全体的な雰囲気はコメディです。
 ちょっとズレた吸血鬼と深刻な雰囲気に欠けるモンスターの掛け合いが
 主な楽しみどころだと思います。

 今まで読んだ木下半太さんの作品は
 後半のどんでん返しの連続が読みどころでした。

 本作も決して面白くなかったわけではないのですが、
 短編のせいか、どんでん返しっぽい部分がありません。
 そのため、少し物足りなく感じました。

 ちなみに本作には吸血鬼が出てくるのですが、その吸血鬼は
 『美女と魔物のバッティングセンター』に出てきた奴と一緒です。
 『美女と魔物のバッティングセンター』を読んでから本作を読むと
 より楽しめるかもしれません。


◆お気に入り度


 星2つ:★★


◆日記とか雑談とか


 さて、微妙に風邪を引きそうな気配を感じています(−−ゞ

 ……と何回か書いたのですが、結局、風邪を引きませんでした(−−;
 あれ?おかしいな。
 ニンニクを、いっぱい食べたからかな(−−?

 まぁ、良しとしましょう。
 お陰様で何となく復活しましたp(−−)q

 ということで、警戒態勢を少し緩め、日常モードに戻ります。
 元気いっぱい月末の経理処理をやりますよ(−−)☆

スポンサーリンク

タグ:木下半太
posted by ササキマコト at 07:29 | 小説