爆ぜるゲームメイカー/木下半太

◆本の内容


ゴシップ誌の記者・小谷野丈二が目覚めると、傍らには1000万円の現金が入った紙袋が置かれていた。「嫌われ者に愛の手を」というメッセージと共に。不気味に思い身を隠した丈二のもとに、とびっきりの美女が届けられた。「嫌われ者に愛の手を」というメッセージと共に。行為とは真逆な悪意の正体が明かされたとき、丈二は恐怖と絶望に襲われる!……とか煽っておけば良いですかね?な物語です。



◆感想


 いまいちでしたが面白かったです。

 改めて振り返ってみると、登場人物は記号的ですし、
 ひとつひとつのエピソードが割とあっさり流されていますし
 登場人物の行動が予定調和過ぎるし、
 主犯の動機も訳わからないといえば訳わからないしで
 他人には薦めにくい作品でした。

 でも、面白かったです。

 読みやすさは大前提としてあって、
 めまぐるしく状況が変わる展開の速さがあって、
 それが故に先が読めないワクワク感があって、
 良い意味でB級映画を見ているような楽しさがありました。

 うん、そうですね。
 B級映画の面白さです。

 あのB級映画特有の「あー、駄作だ!駄作だけど良いね!」な
 面白さが感じられる作品でした。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日は……何をしましょうね(−−?

 昨日の時点では

 ・雨が降ったら、お家で、まったりしよう
 ・晴れたら、元気に、お散歩しよう

 と思っていました。

 それなのに……見事に、曇り?雨?どっちだよ!Σ( ̄◇ ̄;

 お散歩を諦めるほどの雨模様ではありませんが
 いつ降ってきてもおかしくはなさそうな状況で
 遠出をするのは躊躇われます。

 う〜ん、困ったな(−−ゞ

 ……(−−)

 よし!決めた!

 今日は横浜駅近辺本屋巡りの旅に出ます\(−−)/

 これなら、それなりに歩くのでお散歩になりますし
 雨が降っても地下街を歩けば濡れないしで完璧です(−−)☆

 状況に合わせて予定を組み替えつつ当初の目的は達成する、さすが私です(−−)☆

スポンサーリンク

タグ:木下半太
posted by ササキマコト at 07:06 | 小説