物件探偵/乾くるみ

◆本の内容


彼女の名前は「不動尊子(ふどうたかこ)」。物件を愛し、物件の心が分かる女性である。「部屋が泣いています」と彼女は言う。物件を購入した人のもとに現れ、買主も気付いていない部屋にまつわる謎を解き明かす、ミステリー風味な短編集です。



◆感想


 個人的には楽しめました。
 ミステリーというよりはミステリー「風味」でしたが面白かったです。

 ただし(−−)b

 不動産に関する用語が、たくさん出てきます。
 「土地所有権」とか「修繕積立金」とか「瑕疵担保免責」とか漢字だらけです。

 私は不動産関係のお客さまがいるので
 その手の単語に馴染みがありますが、
 そうでないと読むのが苦痛かもしれません。
 内容以前に不動産用語にやられる可能性があります。

 まぁ、タイトルに「物件」と書いてありますから
 読む前に予想はできると思いますけどね。
 漢字が多い文章を読むのが苦手な人は、ご注意ください。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、最近クソ暑いですね。
 こう暑い日が続くと食欲がなくなりそうです。

 しかし、私は自営業なのです。
 身体が資本なので、夏バテなんてなっている暇はありません。

 そこで麻婆豆腐を作ることにしました。
 ピリ辛なアイツだったらパクパクいける(*´ェ`*)

 そう決めた私は、クソ暑い中、汗をかきながら、スーパーに向かいます。

 スーパーに到着すると、豆腐とネギ、ひき肉を次々とカゴに入れ、
 颯爽とお会計をして帰ります。

 お家に着いた私は買ってきた食材を冷蔵庫に入れ、
 シャワーで汗を流します。

 ふぅ、生き返った(*´ェ`*)

 シャワーを浴びて心身共にサッパリした私は大事なことに気付きました。






 麻婆豆腐の素を買い忘れた(つд`)・°・。

スポンサーリンク

タグ:乾くるみ
posted by ササキマコト at 11:59 | 小説