ぼくは明日、昨日のきみとデートする/七月隆文

◆本の内容


「あなたの未来がわかるって言ったら、どうする?」電車の中で一目ぼれし、思わず声をかけた彼女は、そう言った。トントン拍子で付き合うことになった彼と彼女だったが、実は彼女にはある秘密があり……淡い恋心に泣かされる物語です。



◆感想


 くぅ(TAT)
 切ない系の恋愛小説でした。

 煽りを見て「どうせタイムリープ物でしょ?」と思って読み始めたのですが……。

 ネタバレになるので書けませんが、終わり方は秀逸だと思います。
 心情的には、もう少しアレがアレして欲しい気持ちはありますが、
 「確かに、この終り方しかないよなぁ」と感じさせられました。
 計算されて展開した物語が綺麗に着地した印象です。

 あとはタイトルも良いですね。
 中身を読んでからタイトルを見直すと、その計算に唸らされます。
 色使いもステキ(*´ェ`*)

 ということで個人的には満足できる読書タイムでした。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日は、ちょっくら所用で横浜に行きます。
 用事自体は2〜3時間で終わると思うので、
 その後どうするかが悩みどころです(−−ゞ

 「せっかくだから美味しい物でも食べようかな?」と思う一方、
 「電車が混む前に、さっさと帰れよ」と囁く自分もいます。

 う〜む、迷うなぁ(−公−;


 ……(−−)


 ……(−−)Zzz ← 考えるのが面倒になった

 よし!
 そのときの気分で決めよう(−−)☆

スポンサーリンク

タグ:七月隆文
posted by ササキマコト at 11:27 | 小説