リアルフェイス/知念実希人

◆本の内容


麻酔科医の朝霧明日香は、とある美容形成クリニックでアルバイトをすることになった。そのクリニックは、腕は天才的だか金にがめつく非合法スレスレな手術で稼ぐ天才美容外科医・柊貴之が経営していた。最初は柊の経営方針に難色を示していた明日香であったが、柊の手腕を目にするうちに徐々に心を開いて……いくわけではないが、何となくアルバイトを続ける気持ちになっていたころ、事件が起きる。過去と未来が交錯する美容形成医療ミステリーです。



◆感想


 同じ著者の『優しい死神の飼い方』が面白かったので読んでみました。
 本作も面白かったです。

 医療現場が舞台の話ですが専門用語はあまり登場しません。
 たまに登場しても気をそらされるような使い方ではありませんでした。
 話の腰を折ることなく、さり気なく散りばめられています。
 医療関係の用語に慣れていない人も楽しめるように
 しっかり配慮されていると感じました。

 内容も個人的には好みでした。
 登場人物が限られているので犯人当てのような楽しみ方は難しいかもしれませんが
 アレとコレがあーなっていて、かつ、こっちがあっちとあーなっていて、
 パズルのピースがサクサクはまっていくような爽快感がありました。

 2冊続けて好みだったので、この著者の作品を追っかけてみようと思います。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日は起きたら13時半でした。
 寝たのが28時頃(明け方の4時頃)なので
 よく寝た部類に入ると思います。

 昼夜逆転してしまいましたが、ドンマイですね。
 暑い昼間はグデーっとして、夕方以降、涼しくなってから活動する。
 悪くないでしょう(−−)☆

 ……と思っていたのですが、明日は朝の10時から歯医者でした(−−;

 頑張って朝型に戻します(ノ∀`)

スポンサーリンク

タグ:知念実希人
posted by ササキマコト at 15:49 | 小説