ザ・ビジョン 進むべき道は見えているか/ケン・ブランチャード、ジェシー・ストーナー、田辺希久子

◆本の内容


離婚を期に保険会社で経理の仕事を始めたおねーさんが、ひょんなきっかけから、その会社の社長と知り合い、何故か一緒に会社のビジョンを作ることになる物語を通して「ビジョンとは何ぞや?」や「ビジョンって何で必要なの?」を学ぼうな本です。普通の会社でもあるじゃないですか。朝早く会社に行くと社長しかいないような時間帯が。そんな時間帯に出社した主人公が、同じように早く出社していた社長と雑談交じりに会話をします。その会話の内容が「ビジョンとは、うんちゃらかんちゃら」です。



◆感想


 物語形式っぽいので読んでみました。
 実際には「会話形式」と読んだ方が適切そうな内容でしたけどね。

 とんとん拍子で話が進むので物語としての面白さは微妙ですが、
 内容は完成度が高いと思います。
 私はまだ本書の内容を完全に理解したとは言えませんが、
 シンプルにまとまっていながら不足はないように感じられました。
 本書を読めば、漠然としたニュアンスで使われがちな「ビジョン」という単語に
 それなり以上の実態を感じられるようになると思います。

 仕事やプライベートで何となく停滞感や閉塞感を感じている人は
 読んでみても良いと思います。
 打開策を考える上でのヒントにできるはずです。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、月曜日ですね。
 7月も残すところ、あと1週間とちょっとです。

 そろそろ「あ〜、7月も充実してたなぁ(−−)」と思うために
 ラストスパートをかけ始める時期ですね(−−)☆

 毎月のことではあるのですが、月初めは

 よっしゃ!今月もやるじぇい!p(−−)q

 と思って、テンションを上げます。
 月の中盤は、いまいちテンションを上げる要素がないので

 あ〜、だり〜(O__)O

 と思いつつ、何とか乗り切ります。
 月の後半は

 終わり良ければ、すべて良し!
 ここさえ頑張れば「今月も良い月だった」と言える!p(−−)q

 と思って、テンションを上げます。

 あとは、やる気の神様が遊びに来てくれたり旅に出たりするので、それ次第です。

 何気に私の仕事で一、二を争うくらい大事なことは
 「モチベーションの維持」だったりします。

 技術とか知識も大事ではあるのですが、
 心と身体の健康が一番です。

 その「心の健康」を維持するためには
 モチベーションの維持が欠かせません。

 我慢をすることも必要なことだとは思いますが、
 我慢をしないために工夫することも同じくらい大事だと思います。
 どうせ頑張るなら、頑張らないために頑張るのは如何でしょう?

 おっと、週の初めで気合が入っているせいか、
 思わずカッコ良いことを言ってしまいましたね(−−)☆

 まぁ、心配は無用です。
 私の気合は、もって三日くらいです(;−−)b

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 08:50 | ビジネス書