まだまだ2分間ミステリ/ドナルド・J. ソボル、武藤崇恵

◆本の内容


1話が数分で読めるようなショートショートのミステリー集です。



◆感想


 1話が数ページなので読みやすかったです。
 すぐに読み始められて、すぐに中断できるのが助かります。

 まぁ、内容は好みが分かれそうですけどね(−。−)ぼそっ

 「おぉ、これは中々やるじゃん」なのもありますし、
 「いやいやいやいや、それは、どうなのよ?」なのもあります。

 よく分からない話は軽く読み流すのが最後まで楽しむコツだと思います。

 ……という感想を前作を読んだときに書いたのですが
 本作の感想も、そんな感じです。

 隙間時間を埋めるのに重宝しました。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、意味もなくビジネスホテルに泊まってきます(−−)ノ

 横浜のとあるホテルが改装工事をやっていましてね。
 工事中は騒音とかが出るので割安の宿泊プランがあったのです。

 そのため気分転換がしたいときや非日常感を味わいたいとき、
 あるいはデキるビジネスマンっぽい気分になりたいときは、
 自分へのご褒美を兼ねて、意味もなく泊まっていました。
 もはや「行きつけ」と言っても良いくらいです。

 とはいえ、物事には始まりがあれば終わりがあります。
 横浜駅の工事は例外かもしれませんが、
 一般的には、始まった工事は終わるものなのです。

 とあるホテルの割安宿泊プランも7月で終わりになっていました。

 ということで、台風も(多分)過ぎたことですし、
 感謝の気持ちを込めて意味もなく泊まってきます(−−)ノ

 まぁ、泊まる必然性があるわけではないので、
 多少、お金がもったいないような気はしますけどね(−−ゞ

 8月はお盆期間もありますので基本的には引きこもって
 パソコンをペチペチするのに精を出す予定です。

 ささやかではありますが、夏休みという位置付けにして
 電車で20分の一人旅を満喫してきまっすヾ(´∀`)ノ

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 04:30 | 小説