ラッシュライフ/伊坂幸太郎

◆本の内容


Amazonさんの内容紹介や本の裏表紙に「泥棒を生業とする男は新たなカモを物色する。父に自殺された青年は神に憧れる。女性カウンセラーは不倫相手との再婚を企む。職を失い家族に見捨てられた男は野良犬を拾う。幕間には歩くバラバラ死体登場――。並走する四つの物語、交錯する十以上の人生、その果てに待つ意外な未来。不思議な人物、機知に富む会話、先の読めない展開。巧緻な騙し絵のごとき現代の寓話の幕が、今あがる。」と書いてあるのですが、まさしく!まさしく、そのような内容の作品でした。



◆感想


 退屈ですが面白かったです。

 群像劇なので、視点がコロコロ変わります。
 そのため、誰かひとりに感情移入するような楽しみ方は難しいです。

 また、全体として物語が大きく動きません。
 登場人物たち自身にとっては小さくない事件が起きますが、
 他人事で見ている分には些細な出来事です。

 多少は逸脱していますが、日常を切り取って見せている作品です。

 よって、退屈といえば退屈です。

 ですが、何とも言えない魅力がありました。

 アッチの関係者がコッチの関係者だったり、
 コッチの出来事がアッチの出来事と関係していたり、複雑に絡み合っています。
 それぞれの登場人物たちの話が無関係ながら関係していました。

 また、時間のアレがアレなので、さらに勘違いを誘います。
 勘違いして、勘違いに気付いて、その結果さらに混乱します。

 まさしく騙し絵みたいな作品でした。
 面白かったです。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、意味もなくビジネスホテルに泊まってきました(−−)ノ

 横浜のとあるホテルが改装工事をやっていましてね。
 以下略。
 気になる方は前の記事をご覧ください。

 ということで横浜一人旅を満喫してきたのですが
 美味しかったです(*´ェ`*)

 まず、寿司ざんまいでお寿司を食べました。
 かっぱ寿司に行ったときの三倍くらいの出費になりました(ノ∀`)

 価格と満足感の関係は面白いですね。
 正直に言えば、かっぱ寿司を食べたときの3倍満足できたか?といえば
 そんなことは、ありません。
 せいぜい1.5倍から2倍くらいでしょう。

 ですが、かっぱ寿司に3回行けば今の満足感を得られるか?といえば
 やっぱり、そんなことは、ありません。
 ウニと中トロとフグとウナギが美味しかったです(*´ェ`*)

 そんな哲学的なことを考えながら本屋さん巡りをし、
 お腹が空いてきたのでルミネ横浜店の利休で牛タンを食べました。
 牛タンと麦めしのマリアージュが美味しかったです(*´ェ`*)

 さらに清水の舞台から飛び降りた気分になって
 高島屋で今半のお弁当を買ってみたり、
 京都発の名店「天下一品」でラーメンを食べたり、
 あれやこれやと美味しい物を食べまくりました。

 余は満足じゃっ(−ε−)けふっ

スポンサーリンク

タグ:伊坂幸太郎
posted by ササキマコト at 19:16 | 小説