浜村渚の計算ノート 8と1/2さつめ つるかめ家の一族/青柳碧人

◆本の内容


シリーズ10作目の長編です。武藤や渚が「方程式を使うことを禁じられた村」で起きる連続殺人事件に巻き込まれるお話です。



◆感想


 おぉ、本格ミステリっぽい。

 今回は館ものでした。
 綾辻行人さんの作品を彷彿させるような展開です。

 いわゆる「新本格ミステリ」ってやつですかね。
 もちろん、いつも通り数学が絡む話ではあるのですが、
 新本格ミステリを意識したような内容でした。

 欲を言えば「読者への挑戦状」もほしかったなぁ(−。−)ぼそっ

 さて、肝心の面白かったか否かですが……。
 面白かったといえば面白かったです。
 新たな挑戦をしていたようですが、個人的には良かったです。

 ただし、ちょっと物足りない部分もありました。
 番外編だから仕方がないのですが、
 やはり「黒い三角定規」関連の物語が動く話の方が好みです。

 というか、キューティー・オイラーが好きなので出してほしい(−ε−)


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、実は結構、積読が溜まっています。
 未読の本が十何冊かあるのです。

 ……が、気がついたらネットで読みたい本を探していました(−−;
 「ミステリー おすすめ」とかのキーワードで検索していたのです。

 分かっているのですよ、分かっているのです。
 本を買う前に本を読め!ということを。

 ですが、油断すると新しい獲物を探す狩人になっています。

 本好きの皆さん、この気持ち、分かる(−−?

スポンサーリンク

タグ:青柳碧人
posted by ササキマコト at 21:34 | 小説