モンスター/百田尚樹

◆本の内容☆


かつて「モンスター」とまで呼ばれた醜い女性が、顔を変え、名前を変え、正体を隠して故郷の街でレストランを開く話です。なぜ彼女は故郷に戻ったのか?レストランを開いたのか?彼女の心の機微が読みどころです。



◆感想


 う〜む。
 ストーリー自体は単純なのですよね。
 幼少期から醜いと言われた女性が顔を整形して故郷に帰る。
 描かれるのは彼女の過去と現在。
 ただ、それだけです。

 その癖、ページ数は500ページ弱あります。
 文庫本だからそれほどでもありませんが、
 ハードカバーだったら鈍器レベルです。
 くそ長いです。

 それなのに、途中でダレることなく読み終えました。
 何でだろう(−−?

 百田さんの作品は、いつも、そうです。
 どこが面白いか上手く言えません。
 それどころか、何が面白いのかすら、よく分かりません。
 ですが、ついつい手に取り、最後まで読み切ってしまう魅力があります。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、まだ私は食べていないのですが、
 すき家で「4種のチーズドリ牛」なる物が売られていました。

 ふむふむ(−−)

 チーズが4種類入っていて……

 ドリア風で……

 牛丼……?

 随分と欲張った感じですね(^^;

 まだ食べていないので名前を見るかぎりの推測ですが
 このメニューは「チーズが4種類も入ってるよ!」を
 強く推しているのでしょう。

 なんてったって「4種のチーズ」ですからね。
 9文字中6文字も使っていますからね。
 「ドリア風チーズ牛丼」とか安易な名前にしないあたりに
 すき家さんのチーズに対するこだわりを感じます。

 ……とか無駄な考察をしていたら
 お腹が空いてきました(−A−)

 画像ではないですが、これが「自爆飯テロ」ってやつですかね(つд`)ぐー

スポンサーリンク

タグ:百田尚樹
posted by ササキマコト at 01:44 | 小説