ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~/三上延

◆本の内容


母から娘へ。栞子さんが娘・扉子に語る、本にまつわる物語。『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ完結後の後日談です。短編です。



◆感想


 えー(−A−)
 せっかく綺麗に完結していたのに続編かよ?!(−A−)

 ……と思ったら後日談の短編集でした。

 綺麗に終わった作品が続編を出すと微妙だったりするじゃないですか。
 それを懸念したのですが、杞憂でした。
 番外編みたいな感じですね。
 良かった、良かった(*´ェ`*)

 ということで、本屋で見かけた瞬間はドキっとしましたが、
 完結したシリーズの印象を壊すことなく楽しめました。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日もジャンプの話です。
 長らく休載していた『ワールドトリガー』が連載再開するそうです。
 やったー!\(≧▽≦)/

 まぁ、週刊少年ジャンプでちょっとやったら
 「ジャンプSQ.」にという雑誌に移籍するみたいですけどね(つд`)・°・。

 でも、まぁ、体調不良で休載されていた方なので
 再び描ける状態になったのであれば喜ばしいことです。

 何をするにも心と身体が資本ですからね。
 みなさんも心と身体の健康には気を付けましょう(−−)ノ

 私も気を付けます。
 今日は美味しい物を食べて、ぐっすり寝るぞー!\(≧▽≦)/

スポンサーリンク

タグ:三上延
posted by ササキマコト at 16:37 | 小説