裏切りのステーキハウス/木下半太

◆本の内容


会員制高級ステーキハウスの雇われ店長・久慈良彦は窮地に陥っていた。伝説のアウトローでありステーキ店のオーナーでもある立浪琢郎から銃をつきつけられていたからだ。立浪は言う。俺の妻と寝ただろう?事実無根の濡れ衣だが立浪は信じてくれない。そんな中、久慈の娘が来店し、本当の浮気相手とその恋人まで登場し……。しっちゃかめっちゃかでオー・マイ・ゴッドな話です。



◆感想


 面白かったです。

 特に後半の怒涛の展開は期待通りでした。
 ページをめくるごとに見えている画が変わり、
 状況が二転、三転する様は素晴らしいと思います。

 木下さんの作品はどれもそうですが、群像劇に近いです。
 そのため、特定のキャラに感情移入しながら読むタイプの人は
 もしかしたら物足りないかもしれません。
 全体を俯瞰して見た方が楽しめると思います。

 タイトルも読み終えてから見ると「なるほどな〜」となりました。
 まさしく「裏切りの」ステーキハウスです。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、絶好のお散歩日和ですね。

 夏は暑くて、お散歩すると汗がダラダラになります。
 冬は寒いので、コタツから出るのが大変です。
 これくらいの季節が一番お散歩しやすいのです。

 ということで、昨日は外出する用事があったので
 そのついでにお散歩してきました。

 軽く3時間くらい(−。−)ぼそっ
 距離にして、ざっと10kmくらいでした。

 また一歩、健康に近づきました(−−)☆

スポンサーリンク

タグ:木下半太
posted by ササキマコト at 08:13 | 小説