文豪たちのラブレター/別冊宝島編集部(編集)

◆本の内容


太宰治、芥川龍之介、夏目漱石……「文豪」と呼ばれる人たちが綴った恋文を白日の下にさらした問題作です。あの世の文豪たちがこれを見たら、きっと頭を抱えて悶絶することでしょう。THE・大人の黒歴史。



◆感想


 (文豪たちにとって)鬼畜な本ですな(ノ∀`)

 たかが恋文、されど恋文。
 作家の個性が出ていて、とっても面白かったです。

 「あら、(あいつのくせに)意外と真面目な内容じゃないですか(−−ゞ」
 「堅い!ダイヤモンドより堅いよ!その恋文!( ̄д ̄)」
 「おっさん、ストーカーかよ(´・ω・`)」

 思いのほか、楽しませていただきました(笑)


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、実は先日、東京に行く用事があったのですけどね。
 帰りは身体がヘロヘロになっていたので
 生まれて初めて禁断の秘技を使ってしまいました。

 東海道線のグリーン車(−−)b

 時間帯は19時頃です。
 新橋に通っていたこともある私は知っていますよ。
 帰宅ラッシュの東海道線(横浜方面行)の恐ろしさを(−A−)
 普通に潰れちゃいますよね、アレ。

 ということで座って移動できる誘惑に勝てなかったのです。
 新幹線のグリーン車は乗ったことがあるのですが、
 普通の電車のグリーン車は生まれて初めて乗りました。

 いや〜、それにしても最近は便利ですね。
 なんかPASMOを置いてポチポチやったら、グリーン券?が買えました。

 「グリーン車に乗るぞ!」と決めたのが発車数十秒前だったのですが
 それでも間に合いましたからね。
 素晴らしい!

 これで心置きなく「出張帰りのデキるビジネスマン」ごっこができます(−−)☆
 出張帰りでもデキるビジネスマンでもないけど。

 ちなみに、座席を確保したら、上の方にある読み取り機に
 ピッ!ってやる必要があります。

 私はそんな手続きが必要なんてこれっぽっちも知らなかったので
 何もせずにボーっと座席に座っていたら
 グリーンアテンダントのお姉さんがやってくれました。

 「出張帰りのデキるビジネスマン」ごっこをしていたつもりでしたが、
 実際には「はじめてのグリーン車」ごっこだったようです(−−ゞ

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 08:21 | その他