黒猫の三角/森博嗣

◆本の内容


6月6日に44歳になる女性が自分の誕生パーティー中に密室で殺されて、その手口がとある法則で殺す連続殺人犯の手口と同じで、登場人物たちが「誰が、どうやって殺したのよ?!」を考えるお話です。Vシリーズとやらの1作目だそうです。



◆感想


 犯人の予想がつきませんでした。
 登場人物が、シリーズとして続くなら今後も出てきそうな濃い面子と
 明らかに脇役な薄い面子しかいなかったからです。
 そういう意味では先が気になる展開でした。

 ただ……個人的には、あまり夢中になれませんでした。
 本格的に面白いと感じ始めたのは、かなり後半に入ってからです。
 いわゆる謎解きシーンが近づいてからですね。
 それまでは我慢して読んだ感じです。

 振り返ってみると、意外性もありましたし、凝った作品だとは思います。
 好きな人は好きでしょう。
 ですが、私の好みからは少し外れていました。

 あと、細かいところで、いろいろと疑問が残りました。
 主に東尾さん関連のアレですけどね。
 思わせぶりだけど話の本筋と全く絡まないし、
 あの人がそのエピソードを誰から聞いたのか謎だし、
 ちょっとスッキリしない感じです。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、2018年も終わりが見えてきましたね。

 先ほど事業関係のあれやこれやを整理していたのですが、
 よっぽどアホなお金の使い方をしなければ、
 2018年も黒字で終われそうです。

 お陰様で今年も無事に生き延びました(−−A
 やったじぇい\(≧▽≦)/

 とはいえ、今やっていることに関しては
 やっとこさ軌道に乗ってきたくらいです。
 油断せず、引き続き頑張っていこうと思いますp(−−)q




 自分にご褒美をあげた後でね(−。−)ぼそっ
 何か美味しい物を食べよっと(*´ェ`*)

スポンサーリンク

タグ:森博嗣
posted by ササキマコト at 02:37 | 小説