8番目のマリア/美輪和音

◆本の内容


目が覚めると見知らぬ部屋にいた。椅子に手足を拘束された状態で。周りを見渡すと、仲間たちが同じように拘束されている。状況が分からず焦っていると、蛇の仮面を被った人物が現れた。クンダリーニを名乗る、その人物は告げる。「皆様方のチャクラには悪しきカルマが蓄積しています。7人に共通する罪を告白して浄化するとともに、罪の主犯を多数決で決めてください」と。最初は半信半疑で始めた罪の告白だったが……みたいな話です。



◆感想


 いかにもな王道デスゲームで面白かったです。
 細かい部分ではモヤモヤが残りましたが全体として楽しめました。

 何となくB級っぽい雰囲気は漂っていましたが、
 個人的にB級作品は好きなのです。

 いくつか説明がつかない部分や未回収な伏線?がありますが、
 気にしない方が良いと思います。

 設定ありきな感じで話が進むので作り物感はありますが、
 そもそもデスゲームの時点でリアリティは微妙ですからね。

 突っ込みどころも少なくありませんが
 最後まで読ませる勢いがある作品だと思います。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、ビジネスホテルでゴロゴロする旅から帰ってきました。
 ただいまっ(−−)ノ

 これで今年の骨休め期間は終わりです。
 あとは年末年始に向けて、年賀状を作ったり、来年の準備をしたり、
 あれやこれやとあれやこれやします。

 2019年を良い年にするためにも
 2018年をキッチリ締めますよ(−−)☆

スポンサーリンク

タグ:美輪和音
posted by ササキマコト at 03:28 | 小説