今出川ルヴォワール/円居挽

◆本の内容


殺人容疑で私的裁判・双龍会の被告となったのは御堂達也であった。達也の嫌疑を晴らすため情報を集める瓶賀流は達也の母校・越天学園に向かう。そこで出会ったのは意外な人物であった。さらに、達也が被告の双龍会すら物語の序章で……みたいな話です。『丸太町ルヴォワール』『烏丸ルヴォワール』に続くシリーズ3作目です。



◆感想


 本作も面白かったのですが、個人的には前作までと面白さの質が違いました。

 前作までは謎やトリックなどのミステリー的な面白さを中心に楽しみましたが
 登場人物に対して愛着が湧いてきたせいか、
 本作はキャラ物の小説として楽しめました。

 特に、本作では、1作目から思わせぶりに引っ張ってきた
 主人公の過去が明らかになります。
 「おぉ、待ちに待った情報が開示されたぁ(≧▽≦)」と嬉しかったです。

 ということで、このシリーズは1作目から刊行順に読んであげてください。
 そうしないと面白さが半減すると思います。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、ここ数日、ぐっと冷え込んできましたね。

 ベッドから出るのに勇気が要ります。
 コタツから出るのが億劫でなりません。
 お家から出るためには相応の理由が必要です。

 ということで、お家から出る理由がないここ数日は
 常にベッドかコタツのどちらかにいます。

 幸せ(*´ェ`*)

 なお、今日は理由があるので、お外に出ます。
 無性に甘い物が食べたくなったので
 ケーキを買いに行くのです(−−)☆

スポンサーリンク

タグ:円居挽
posted by ササキマコト at 10:02 | 小説