満月の泥枕/道尾秀介

◆本の内容


とある理由で娘を失くした男・二美男は、貧乏アパートで姪の汐子と暮らしていた。ある日、深夜の公園で泥酔していた二美男は池に何かを沈める水音を聞く。それが事件の始まりであった。ある人物から池に沈む死体を探してほしいと頼まれ、多額の報酬に目がくらんだ二美男は男に協力するが……みたいな話です。そこから、あっちに行ったり、こっちに行ったり、物語が展開します。



◆感想


 面白かったことは面白かったのですが、
 あまりミステリーっぽくはありませんでした。

 大人の青春小説とか、そっち寄りの要素が強いです。
 400ページ一気読みだったので楽しめたのは間違いありませんが
 少し期待していたのとは違いました。

 読みやすかったのでストレスは感じなかったですけどね。
 個人的には昔のようなガッツリとミステリー寄りの話の方が好みです。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今週は今年最後の普通の一週間ですかね。
 来週にはお休みの人が増えて、お店なんかも年末モードに入ることでしょう。

 そういえば、何気に『ペルソナQ2 ニュー シネマ ラビリンス』というゲームを発売日に買ったのですが
 まだ封すら開けていません。

 今年の年末年始でガッツリとやりこんで……と思ったのですが、
 まだドラクエ11もクリアしていませんでした(−−;

 何か時間がもったいなく感じちゃうのですよね。
 やり始めれば数時間はやるのですが、中々そこまで辿り着きません。

 とはいえ、せっかく買ったので、やらないのも如何なものか、です。
 意識して気分転換タイムのときにやろうかと思います。

スポンサーリンク

タグ:道尾秀介
posted by ササキマコト at 08:17 | 小説