編集者ぶたぶた/矢崎存美

◆本の内容


ほっこり癒し系ぶひぶひファンタジーぶたぶたさんの登場です。外見はバレーボール大のブタのぬいぐるみ、でも中身は心優しくて有能なナイスミドル、それが山崎ぶたぶたさん。今回のぶたぶたさんの役どころは……編集者です!ぶたぶたさんは何でもできる人……もとい、ぬいぐるみですね。



◆感想


 相変わらず、ほっこりさせてくれますな(*´ェ`*)

 ぶたぶたさん自体は(外見を除けば)普通のおっさんです。
 行動や考え方も常識的なのですが……何故か癒されます(*´ェ`*)

 今回は編集者、前回は森のシェフと巻によって職業が変わるぶたぶたさんですが、
 もう、なんか、職業「ぶたぶた」って感じですな。
 今回も不思議な癒しを与えてくれました。

 あと、あとがきで知ったのですが、ぶたぶたさんは2018年で20周年だそうです。
 おめでとうございます\(≧▽≦)/
 これからも末永く続いてくれたら良いな〜と思っているシリーズの1つです。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今週は三連休なのですね。
 クリスマスも間近で年末の雰囲気が加速してきました。

 このスピードに置いていかれないように
 時間の使い方を意識したいと思います(−−)☆
 経験則的なものですが、この時期から年末年始にかけての過ごし方で
 1月以降の充実度がガッツリ変わってくるので(−−ゞ

スポンサーリンク

タグ:矢崎存美
posted by ササキマコト at 09:20 | 小説