5分後に意外な結末 3 白い恐怖/学研教育出版

◆本の内容


ショート・ショート集です。タイトルに「5分後に意外な結末」とあるとおり、捻りの効いた結末が多かったです。



◆感想


 面白かったことは面白かったのですが、
 ちょいちょい手抜きっぽい話があって少し気になりました。

 例えば古典落語の「まんじゅうこわい」を焼き直した話とかですね。
 我慢できない程ではありませんでしたが、
 少しネタ切れ感を感じたというのが正直なところです。

 まぁ、シリーズはまだまだ続いているので
 たまたまかもしれませんけどね。

 いずれにせよ、まとめ買いしたのがあと10冊残っているので
 ちまちま読んでいこうと思います。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、これが2018年最後のブログ更新です。
 今年も大変お世話になりました。
 来年もどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

 ……と型通りの挨拶をしたところで
 毎年恒例の1年の振り返りをしておきます。

 えっと、2018年のキャッチフレーズは「時間を大切に2018」でした。

 ふむ(−−)
 概ね、達成できたのではないでしょうかね。

 一応ではありますが、やろうと思っていたことは全部やりました。
 来年への積み残しはありません。

 2018年も良い一年でした\(−−)/

 ということで、2018年は(少し早いけど)終わり!
 気持ちを切り替えていきます。

 2019年のぴよぴよキャッチフレーズは何にしようかなぁ(−−ゞ

 まぁ、実は既に決めてあるのですけどね。
 せっかくなので考えている振りをしながら年越ししようと思います。

 みなさんも、良いお年を(−−)ノ

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 07:50 | 小説