5分後に意外な結末 4 黒いユーモア/学研教育出版

◆本の内容


ショート・ショート集です。タイトルに「5分後に意外な結末」とあるとおり、捻りの効いた結末が多かったです。……が、本作はオチが不明な話がちょいちょいありました。



◆感想


 読みやすくてサクサク読めました。
 ソーメンみたいでしたね。
 喉ごしツルツルです。

 ……が、ちょっとパワーが落ちたかな?という気がしました。
 初期に比べたら上手くオチてない話が増えたように思えます。

 う〜ん(−−ゞ

 まぁ、脳みそに負担をかけないでサクサク読めるだけでも
 気分転換用としては合格でしょうかね。

 いずれにせよ、まとめ買いしたのがあと9冊残っているので
 ちまちま読んでいこうと思います。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、あけましておめでとうございます。
 旧年中は大変お世話になりました。
 本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

 新しい一年が始まりましたね。
 2019年のキャッチフレーズを、さっさと決めようと思います。

 う〜ん(−−)

 う〜ん(−−;

 う〜ん(−公−;

 決めた!(−−)☆

 2019年のキャッチフレーズは「ピヨ太ファースト2019」です\(−−)/

 ここ数年『わわわIT用語辞典』を作るのに力を入れていてですね。
 お陰様で、作り始めた当初に「こんな人たちに見てもらいたいな」と思った人たちには
 だいぶ見てもらえるようになったと自画自賛しています。

 結構、満足した(*´ェ`*)

 本音で言うと、少し飽きてきた(*;´ェ`*)

 そのため『わわわIT用語辞典』の更新は現状維持できる程度にペースを落として
 何か新しいことを始めようかな〜と思っているのです。

 ただ、ですね(−−ゞ

 その一方で、まだまだ大きく育てられそうな手ごたえも感じています。
 ピヨ太君のポテンシャルは、こんなもんではないようにも思えるのです。

 ということで「迷ってんなら、やっチャイナ」の精神で行くことにしました。
 2019年はピヨ太第一主義で予定を組みます。
 例年以上にピヨ太君(わわわIT用語辞典)に時間をかけます。

 その結果「おぉ、まだまだ羽ばたけそうじゃん(−∀−)」となったり
 「やっぱり、これが一番楽しいなぁ(*´ェ`*)」と感じるようだったら、
 2020年以降もピヨ太君に力を入れる(−−)b

 「う〜ん、思ったより伸びないなぁ(−−ゞ」となったり
 「あ〜、やっぱり飽きたかな(−−ゞ」と感じるようだったら、
 2020年以降は現状維持しつつ何か新しいことを始める(−−)b

 まとめると「何かを成し遂げる」一年を目指すのではなく
 「今後を考えるための材料を集める」一年にするということです。

 ……とか言いつつ、ぐーたらした一年になるかもしれませんけどね(−∀−ゞ
 2019年も、どうぞ宜しくお願いいたしますm(__)m

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 09:35 | 小説