マジカルデスゲーム(2) 反証のアーギュメント/うれま庄司

◆本の内容


マジカルデスゲーム(1) 少女は魔法で嘘をつく』の続きです。



◆感想


 完全に続き物です。
 『マジカルデスゲーム(1) 少女は魔法で嘘をつく』から読んであげてください。

 本作は「解答編」と言うべき内容です……が、う〜む。
 いろいろ盛り込んだ結果、料理しきれなくなったみたいな印象を受けました。
 最後の方の主人公の選択とか明らかに不可解だし。
 親友がアレしちゃってるし。
 まぁ、頭が良くない設定なので、だからかもしれませんが。

 あと1巻でもそうだったのですが、
 本編以外のところでネタバレするのを止めてほしかったです(−A−)
 1巻では最初のイラストであの人が処刑されるのがネタバレしちゃってるし
 本作では目次を見ちゃうと誰が魔女か予想がついてしまいます。
 楽しみたい方は目次を見ないようにした方が良いですよ。

 ちなみに私がした魔女の予想は当たっていました(−−)v
 そこだけは「やったぜい(−−)☆」な気分です。

 元々が軽い作品なので、そこまで不満は感じていませんけどね。
 面白かったですし。
 ただ、少しだけ消化不良な気分で読み終えました。


◆お気に入り度


 星2つ:★★


◆日記とか雑談とか


 さて、また新しい1週間が始まりましたね。
 今週は少しだけ生活のリズムを変えるつもりです。

 良くも悪くもマンネリ気味なので、
 生活に変化をつけようと思っています(−−)☆

 ということで、今週は、いつもより早寝早起きを心がけまっす(−−)ノ

スポンサーリンク

タグ:うれま庄司
posted by ササキマコト at 14:56 | 小説