死刑にいたる病/櫛木理宇

◆本の内容


冴えない大学生活を送っている俺のところに一通の手紙が届いた。それは収監中の連続殺人鬼・榛村大和からのものだった。幼いころに大和と面識があった俺は面会に向かう。そこで俺は大和から頼まれた。「立件された9件の殺人のうち、最後の1件だけは冤罪だ。それを証明してくれないか?」と。何故か引き受けてしまい、調査を始めた俺だったが……。結末は残酷。読み進めるごとに印象が変わる(少しだけ)イヤミスです。



◆感想


 「面白かった!」と叫ぶほどではありませんが、面白かったです。

 読み進めるごとに少しずつ印象が変化していきます。
 最後まで読むと、最初に感じた印象からは遠く離れた場所に行きついていました。

 どこかで劇的なことが起きるわけではありませんが、
 ちょっとずつ浸食されていく感じが上手いと思います。

 アレがアレなんてアレですね。
 面白い部分がネタバレになって書けない感じです。

 後味は良くありませんでしたが、
 落としどころとしては妥当だと思います。

 イヤミス系が好きな人は楽しめるはずです。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、やる気の神様が張り切っております。

 ……が、身体の方がついてきません(−−;

 やる気の神様は「さぁ!あと10時間ほど行ってみよう!」とか
 言ってくれちゃっているのですけどね。

 脳みそが疲れたっ(O__)Oぱたっ

 まぁ、せっかく来てくださったので、やりますけどね。
 適度に休憩を挟みつつ、やる気の神様と戯れようかと思います。

スポンサーリンク

タグ:櫛木理宇
posted by ササキマコト at 13:52 | 小説