Wの悲劇/夏樹静子

◆本の内容


一族が集まった湖畔の別荘にて、当主である与兵衛が孫娘の摩子に刺殺される。摩子は誰からも愛される人物であったため、一族総出で外部犯に見せかける偽装工作をするが……?エラリー・クイーンの名作『Xの悲劇』『Yの悲劇』『Zの悲劇』に挑戦した傑作推理だそうです。



◆感想


 評価が高かったので読んでみたのですが、
 古き良き本格ミステリーでした。

 ぶっちゃけ、私には合わなかったのですが、
 評価が高いのは頷ける内容です。

 後半の展開も見事ですし、
 昔の本格推理物が好きな人は楽しめると思います。

 ちなみに、エラリー・クイーンの『Xの悲劇』とかを意識しているのかな?と思ったら
 作者(エラリー・クイーン)公認だったのですね。
 読み終えてから知りました。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日は「キリっと頑張るデー」です。
 デキるビジネスマンごっこをします(−−)☆ドヤァ

 私は結構「○○デー」のように決めることが多いのですが、
 テーマを設定するとやる気が出るのですよ。

 「今日は頑張る日だからエネルギーが切れるまで頑張ろう」や
 「今日はグータラする日だから全力でグータラしよう」のように
 「よっしゃ!やったるぞ!(−−)☆」という気分になります。

 良くも悪くも自分の時間の使い方を自分で決められるので、
 油断していると際限なくダラけちゃいますからね。
 メリハリのある生活を送るための生活の知恵です。

スポンサーリンク

タグ:夏樹静子
posted by ササキマコト at 08:05 | 小説