かがみの孤城/辻村深月

◆本の内容


学校に通えなくなった少女の部屋にある鏡が急に輝きだして、試しに入ってみると、その先は鏡の中にある城の中で、そこには自分と同じような境遇の人が他に6人集められていて、狼の面を被った少女に「"願いの鍵"を探せ。見つけたやつの願いを1つだけ叶えてやる」的なことを言われて、城の中で鍵探しをする……と思わせておいて人間関係があーだこーだな青春ミステリーです。



◆感想


 辻村深月さんの作品は初期のミステリーな作品が好きです。
 ある程度は新作が出る度に追いかけて読んでいたのですが、
 作品がミステリーっぽくなくなってからは徐々に読まなくなりました。

 ……が、妙に評価が高いので試しに読んでみました。

 どれどれ(−−)

 ふむふむ、なるほど。
 評価が高いのも頷けました。

 原点回帰っぽい感じですね。
 方向性としては初期の作品に近く、
 初期の作品よりは、こなれた印象を受けました。
 初期の作品が好きな人でも楽しめると思います。

 面白かった(*´ェ`*)

 欲を言えば、もう少しエピローグを長めに取ってほしかったです。
 一部の人たちの「その後」は書かれていますが、
 できれば全員分読みたかったです。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日はお仕事がらみで外出していました。


 疲れたっ(O__)Oパタッ


 ……寝る(O__)O Zzz

スポンサーリンク

タグ:辻村深月
posted by ササキマコト at 18:35 | 小説