9の扉/北村薫、法月綸太郎、鳥飼否宇、竹本健治、歌野晶午、殊能将之、辻村深月、貫井徳郎、麻耶雄嵩

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


ミステリーのアンソロジーです。執筆者が次のお題とバトンを渡す相手をリクエストするリレー形式になっています。



◆感想


 好きな作家さんが多かったので読んでみました。
 初読みの作家さんも含めて、全体的に好みでした。

 特に殊能将之さんの『キラキラコウモリ』が……。
 殊能将之さんは2013年に亡くなっているのですよね。
 内容うんぬんよりも、殊能さんの作品がまた読めたことが
 嬉しかったです。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、年度末ですね。
 通常の月末処理に加えて、年度末の処理もあります。
 バタバタしている人も少なくないでしょう。

 まぁ、私は平常通りなので、のんびりしていますが(−−ゞ

 おっと、そういえば今年の年度末は特別でしたね。

 そうです。

 平成最後の年度末です\(−−)/

 そう考えると、面倒くさいあれやこれやも
 少しだけ前向きに取り組めませんか(−−?

 基本的にはなんでも「平成最後の」と付ければ特別感が出ます。
 面倒くさいことや嫌なことをやらなくちゃいけないときは
 頭に「平成最後の」と付けてテンションを上げましょう(−−)b

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 06:56 | 小説