会社に頼らず生きるために知っておくべきお金のこと/泉正人

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


会話形式のケース・スタディです。立ち食いそば屋、似顔絵屋、雑貨屋、ネットカフェの4つの事業について、開業資金500万円でやっていけそうか、それぞれの事業の立ち上げにかかる費用などを試算しています。



◆感想


 タイトルを見て、もう少し汎用的な内容かと想像していたのですが、
 実際にはケース・スタディでした。
 体系だった知識を得るには、あまり向かない気がします。

 ただ、具体的な数字に落とし込んで試算しているので
 「ひゃ〜、事業の立ち上げにはお金がかかるねぇ(−−;」というのを
 (リスクなく)実感として味わえると思います。

 本書を読めば事業を始めるときの雰囲気は味わえるはずです。
 事業をやったことがないけど、これからやってみようと思っている人は
 読んでみても良い気はします。
 事業にはお金がかかるという現実を少しだけ垣間見れますよ。

 ……とか書いておいてなんですが、私が自営になったときの初期投資は、
 名刺代5,000円だけだったりするのですけどね(^^ゞ

 Webエンジニアとかは設備投資なんかがほとんどないので
 資金がなくても参入しやすい業種だったりはします。
 ※だから今、Webエンジニアを目指す人が多いんでしょ(−−?

 それなりの準備をしないで軽い気持ちで参入しちゃうと、
 参入した後が悲惨だったりしますけどね(−。−)ぼそっ


◆お気に入り度


 星2つ:★★


◆日記とか雑談とか


 さて、平成最後の年度末です。
 いえーい!\(≧▽≦)/

 ……とかテンションを上げてみましたが
 私は平常通りの土曜日です(−−)
 個人事業者の区切りは年度末ではなくて年末なので。

 そういえば新元号が発表されるのは4月1日で
 実際に元号が変わるのは5月1日らしいですね。
 来月はシステム屋さんが忙しくなるのでしょう。

 ……あっ、私も一応システム屋さんだったΣ( ̄◇ ̄;

 まぁ、私は(自称)優秀ですからね。
 今現在、関わっているシステムに和暦が使われていないのは
 既にチェック済みです(−−)☆

 良かった〜(ノ∀`)

スポンサーリンク

タグ:泉正人
posted by ササキマコト at 06:36 | ビジネス書