螺旋の手術室/知念実希人

◆本の内容


簡単な手術だったはずなのに。純正会医科大学附属病院の教授選の候補だった冴木真也が手術中に不可解な死を遂げた。時を同じくして、教授選の対立候補もまた、暴漢に襲われ殺害される。父である真也の死に疑問を感じた裕也は同じ医師として調査を進めるが……みたいな話です。



◆感想


 おぉ、まさか、そんなところに着地するとはΣ( ̄◇ ̄;
 最初は教授選うんぬんにまつわる話だと思ったのですが、
 読み進めるごとにテーマが移り、
 最後には思いもよらないところに着地しました。

 最後まで読み終えた後に改めてタイトルを見ると
 「なるほどねー!」という気分になれると思います。
 ある意味では壮大にネタバレしていたのですね(−−;

 テーマが個人的に好みではなかったので「お気に入り度」は高くありませんが、
 読み応えがあって面白かったです。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日は早起きさんです。
 朝っぱらから「キリッ(−−)☆」とした気分で頑張ったお陰で
 今日のノルマは達成しました。

 よく頑張った!私!\(−−)/

 ということで、今日は1日のんびりします。

 やる気の神様はまだいらっしゃるので
 このまま明日の分を前倒しでやっても良いのですけどね。

 それがクセになると、どんな状況でも落ち着いて休めなくなりそうなので
 今日は大人しくグータラします(−−)Zzz・・・

 メリハリ、大事(−−)b

スポンサーリンク

タグ:知念実希人
posted by ササキマコト at 09:07 | 小説