東京結合人間/白井智之

◆本の内容


裏表紙のあらすじに『生殖のために男女が身体を結合させ「結合人間」となる世界。結合の過程で一切嘘が吐けない「オネストマン」となった圷は、高額な報酬に惹かれ、オネストマン7人が孤島で共同生活を送るドキュメンタリー映画に参加する。しかし、道中で撮影クルーは姿を消し、孤島の住人父娘は翌朝死体で発見された。容疑者となった7人は正直者のはずだが、なぜか全員が犯行を否定し…!?特殊設定ミステリの鬼才が放つ、狂気の推理合戦開幕!』と書いてある本です。実際の内容は……(−m−;



◆感想


 「あらすじの内容をこれにするのは反則だろ!(ノ∀`)」と思うのですが、
 どこがどう反則かを書くとネタバレになってしまいそうです。

 嘘をつけないはずの人たちしかいない状況で殺人が起こり、
 全員が「自分が犯人ではない」と主張する。
 誰も嘘をつけないはずなのに何で?!……という話だと思ったのですけどね。
 実際には……(−m−;)

 個人的には楽しめましたが、人は選ぶ作品です。
 残酷描写が少なからずあります。
 そこら辺が苦手な人は読まない方が良いと思います。

 帯の推薦文に「相当な危険物につき要注意!」と書いてありましたが、
 まさしく「危険物」とか「劇物」と表現するのがピッタリな作品でした。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日はちょっくらブックオフ巡りをしつつ
 美味しい物を食べ歩いてきました。

 余は満足じゃ(*´ェ`*)

 ということでリフレッシュはバッチリです。
 今週後半はキリッと過ごします(−−)☆

スポンサーリンク

タグ:白井智之
posted by ササキマコト at 15:12 | 小説