絶対正義/秋吉理香子

◆本の内容


確かに殺したはずなのに……。既に死んだはずの同級生から招待状が届いた。彼女は異常なまでに正義感が強く、些細なことでも法を犯すことは絶対に許さない。そんな彼女と友人関係を続けながらも、疎ましく思っていた。確かに殺したはずなのに……。この手で殺したはずの彼女から招待状が届いた。みたいな話です。



◆感想


  う〜ん。
 同じ著者の『暗黒女子』と『放課後に死者は戻る』が面白かったので
 期待して手に取ったのですが……。

 イヤミスから「ミス」を取り除いたような内容でした。
 読み味は湊かなえさんとかと似ています。
 女の怨念ドロドロ系が好きな人は楽しめると思います。

 どんでん返し系のミステリーを期待して読んだのでイマイチに感じましたが、
 人間の怖さを描いたホラー?と捉えて読めば評価は変わったかもしれません。
 私には合いませんでしたが、好きな人は好きなはずです。


◆お気に入り度


 星2つ:★★


◆日記とか雑談とか


 さて、清々しい朝ですね(−−)Zzz・・
 今週前半は比較的まったりと過ごしました。
 後半は「キリッ(−−)☆」と頑張ります。

 ということで、まずは早起きをしてみました。
 これだけで「キリッ(−−)☆」とした気分になれるから、お得です。

 まぁ、眠いのですけどね(−−)Zzz・・

 この眠気は、お昼寝で解消します。
 眠くなったら堂々とお昼寝できるのが
 今の生活の素敵な点のひとつです(*´ェ`*)

 サラリーマン時代はコソコソお昼寝してたからなぁ。(嘘)
 ※この「(嘘)」は「コソコソ」にかかります。

スポンサーリンク

タグ:秋吉理香子
posted by ササキマコト at 07:02 | 小説