黒猫の小夜曲/知念実希人

◆本の内容


ニャンということでしょう。高貴な霊的存在である僕がネコの姿になってしまうとは……。この高貴な霊的存在である僕が……あっ、カリカリは、まだですか?『優しい死神の飼い方』の続編(?)です。



◆感想


 本書に興味を持たれた方は『優しい死神の飼い方』から読むことをオススメします。
 話自体は独立していますが、世界観がつながっているのと、
 前作で登場したアイツが本作でもバッチリ登場するからです。
 前作を読んでから読むと、アイツのその後が垣間見れて……笑えます(^m^)

 それにしても高貴な霊的存在というのは、お茶目なのですね。
 話自体はシリアスなのですが全体的に緊張感に欠けていました。
 どことなくユーモラスな雰囲気が漂った一冊です。

 前作『優しい死神の飼い方』を楽しめた方なら、きっと楽しめるはずです。
 高貴な霊的存在たちのドタバタっぷりを、お楽しみください。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、時代が変わりましたが、私は平成の後始末が終わっていません。

 ……というほど大げさでもないのですけどね。
 4月分の経理関連の締めができていないのです(−−ゞ

 私は毎月月末に全部の通帳を記帳して、
 会計ソフトの数字と一致するか確認しています。
 そのように習慣づけておくと、収支を毎月きちんと管理するようになるからです。
 今後の見通しも立てやすくなりますし、確定申告もメッチャ楽です。

 ところがどっこい、先月分(4月分)は、ですね。
 GWの影響で引き落としが5月7日とかになるじゃないですか。

 GW明けにやれば良いだけなのですが、なんか落ち着かない(−A−)

 ということで、微妙にモヤモヤした気分でGWを過ごしています。

スポンサーリンク

タグ:知念実希人
posted by ササキマコト at 14:44 | 小説