スレイヤーズ16 アテッサの邂逅/神坂一、あらいずみるい

◆本の内容


リナとガウリイは故郷へ向かう途中に立ち寄った街で野盗騒ぎに出くわし、護衛を引き受けることに。ところがどっこい、その野盗は見たこともない魔法を使い、さらには魔道士にとって最悪の相性であるアノ兵器も持ち出してきて……。18年ぶりの長編です。



◆感想


 なーつかしー!(≧▽≦)

 あとがきを読むかぎり、位置付けは「特別編」のようです。
 そのため、物語が大きく動いたりはしませんが、ソコはソレ。
 相変わらずの雰囲気で、とても懐かしかったです。

 個人的には、リナやL様(の暴れっぷり)が
 マイルドになっていたような気がしましたけどね。
 再びスレイヤーズの新刊が読めたというだけで満足です。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日は書くことが思い浮かびません。
 というか、まだ頭が回っていません。

 起きたばっかりなので(つ_−)

 最近は朝に寝て昼に起きる生活が続いています。
 夏休み中の学生みたいな生活です。

 さしあたって不都合はないので放置しますが、
 気が向いたら朝型に直します。

 夜の方が、静かだし、涼しいし、作業しやすいのです(−−ゞ

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 12:58 | 小説