不老虫/石持浅海

◆本の内容


人類にとって脅威となりうる習性を持つ寄生虫「不老虫」が日本に入ってくるかもしれない。農林水産省で防疫に従事する酒井恭平は、そう上司から聞かされた。酒井の役目は"ハンター"の通訳となり共に不老虫を駆除すること。不老虫は人間を宿主とすることもあるそうだが……?みたいな話です。



◆感想


 おや、なんか、いつもと違いますね。

 石持さんの作品というと、脳みその中で仮説と検証を繰り返す頭脳バトルか
 特殊な条件下でのサバイバルが多いのですが、今回はどちらでもありませんでした。

 身も蓋もない書き方をすると「虫を探して殺す」話です。
 ただ、そこに、いろいろな要素が絡み合って、あーだこーだします。

 ミステリーとして読むと微妙かもしれません。
 途中で思わせぶりな描写が多々あるので「ぬぬぬ(−−?」となりますが、
 例えば、裏切者の正体などは「あっ、そっすか(−−)」みたいになりました。
 微妙に拍子抜けです。

 ただ、そこに至るまでに、かなりのワクワク・ドキドキ感を味わえます。
 結果よりも過程を楽しむつもりで読むと良いと思います。
 個人的には一気読みでした。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、おニュー眼鏡になりました。
 今日から新生ピヨピヨです(−−)☆

 といっても、前のと同じようなのを選んだので
 見た目の印象とかは変わりませんけどね。

 何となく「キリッ(−−)☆」とした気分になりました。

 そんな感じ(−−)ノ

スポンサーリンク

タグ:石持浅海
posted by ササキマコト at 14:12 | 小説