完全・犯罪/小林泰三

◆本の内容


短編集です。「完全・犯罪」「ロイス殺し」「双生児」「隠れ鬼」「ドッキリチューブ」の5編が収録されています。



◆感想


 ぬぅ、惜しい(−−;

 どの話も読んでいる途中は引き込まれました。
 面白かったです。

 ただ、オチの付け方が個人的には微妙でした。
 リドルストーリーというわけではありませんけどね。
 まだ先がありそうな、思わせぶりな感じで終わる話が多かったです。
 少しだけですが「そ、それで結局どうなったの?」とモヤモヤが残りました。

 ミステリーと捉えると微妙かもしれません。
 『世にも奇妙な物語』的な話と捉えれば楽しめるはずです。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、生まれて初めて中野に行ってきました。

 中野ブロードウェイを散策し、飲み屋街で一杯やり、
 中野サンプラザで爆睡しましたよ(−−)☆
 あと、公園で日光浴をしたりもしました。

 中野ブロードウェイは初めて行きましたが、
 混沌とした雰囲気が良い感じですね。
 ゲームの『女神転生』の世界に迷い込んだような気分になりました。
 ちなみに、最近のシリーズじゃなくて昔のやつね。

 「あー、ここら辺で天井から悪魔が出てきそうだな」とか考えたり
 「あー、このお店は奥で武器・防具を売ってそうだな」とか考えたり
 妖しい感じにワクワクしながら散策しました。

 何も買わなかったけどっ(−。−)ぼそっ

 飲み屋街は知人に案内してもらったので、
 安くて美味しいお店に行きましたが、
 昔の歌舞伎町みたいな雰囲気を感じました。
 ちょっとゲームの『龍が如く』の世界に迷い込んだような気分になりましたよ。

 中野サンプラザは、なんか雰囲気が高級でした。
 知らずに予約したのですが、そのうち取り壊されちゃうのですね。
 ある意味、貴重な経験になりました。

 他にも、強盗事件とニアミスしたり、公園で大学生の振りをしたり、
 セブンイレブンの700円以上買うと引けるクジでポテチが当たったり、
 あれやこれやあって楽しかったです(*´ェ`*)

スポンサーリンク

タグ:小林泰三
posted by ササキマコト at 14:43 | 小説