盤上の敵/北村薫

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


我が家に猟銃を持った殺人犯が立てこもり、妻・友貴子が人質にされた。警察とワイドショーのカメラに包囲され、「公然の密室」と化したマイホーム!末永純一は妻を無事に救出するため、警察を出し抜き犯人と交渉を始める。はたして純一は犯人に王手をかけることができるのか?誰もが驚く北村マジック。



◆感想


 レビューサイトで評価が高かったので読んでみました。

 本作は最初に「読んでも楽しい気分にはならないからね」的な
 注意書きが付いています。

 そして、その注意書きの通り、楽しい気分にはなれませんでした。

 完成度は高いと思います。
 最初は単純な立てこもり事件だったのがアレがアレになることで
 アレになってウッヒョー!です。

 ただ、テーマや心理描写の内容が重いので
 素直に「あー、面白かった」という気分にはなれませんでした。

 嫌ミス系が好きな人は楽しめるかもしれませんが、
 個人的な好みからは外れていました。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、なんか微妙に身体が重くてダルいです(×_×;)

 結構、気合を入れて爆睡しているのですけどね。
 本調子とは程遠い感じです。

 プチ旅行の疲れが抜けていないのかな(−−;ゞ

 もう少しだけ、自分の身体を労わってやろうと思います。

スポンサーリンク

タグ:北村薫
posted by ササキマコト at 01:03 | 小説