京都なぞとき四季報 町を歩いて不思議なバーへ/円居挽

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


時間や場所を問わず、京大構内で営業を始める「三号館」は、謎を持つ人しかたどり着けないという不思議なバー。妖艶な女マスターは、どんな悩みや謎もすっきり解決してくれるという。四つ葉のクローバータクシー、鴨川の川床、京都水族館、祇園祭…街歩きサークルの遠近倫人は、身近で起こった不思議な出来事の謎を「三号館」に持ち込んでみるが…。季節感溢れる古都で起こる不思議と恋。学生たちのほっこり京都ミステリー。



◆感想


 日常の謎系の連作短編集です。

 『丸太町ルヴォワール』のキャラがチョイ役で出てきますので
 読んでいるとニヤリとできます。

 全体的には軽いテイストで楽しめました。
 悪意のある話も1話か2話くらいです。
 それ以外は甘酸っぱい空気が漂っています。
 気軽に手軽に優しいミステリーを楽しむのに良い作品だと思います。

 思わせぶりなところが思わせぶりなまま終わったりして
 モヤモヤするところがなかったわけではありませんが、
 面白かったです。

 P.S.
  「いろいろ気になるところを残して終わったな〜」と思ったら
  続編が出ているようです。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、やる気の神様が帰ってまいりました。

 遊び疲れているのか100%のやる気を提供してくれるところまではいきませんが、
 そこそこ「キリっ(−−)☆」とした気分にしてくれています。

 ということで今週後半は「頑張るデー」です。
 パソコンをペチペチしつつ、パソコンをペチペチします。

スポンサーリンク

タグ:円居挽
posted by ササキマコト at 08:04 | 小説