ジグソーパズル48/乾くるみ

◆本の内容


数字にまつわるミステリー短編集です。「ラッキーセブン」「GIVE ME FIVE」「3つの涙」「女の子の第六感」「マルキュー」「偶然の十字路」「ハチの巣ダンス」の7編が収録されています。



◆感想


 最初の「ラッキーセブン」を読んだことがあったのですよね。
 そのため「前に読んだやつか」とスルーしていたのですが違いました。
 「ラッキーセブン」は別の『セブン』という本にも収録されていたようです。

 全部で7編収録されていますが、
 個人的には「女の子の第六感」と「マルキュー」が好みでした。

 「女の子の第六感」は、ネタがシンプルで理解しやすいですし、
 登場人物たちの心情や行動にも納得できたので
 素直に「面白い!」と思えました。

 「マルキュー」は、短い中に伏線が散りばめられていて、
 一見すると無意味な描写にも意味があったのが良かったです。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、前回「涼しい日々が続いています」とか書いたのですが
 途端に蒸し暑くなってきました(;´A`)

 ということで扇風機さんに頑張ってもらっています。

 本格的にヤバくなったらエアコンさんの力を借りますが
 今のところ「扇風機でも大丈夫かな」という感じです。

 というか扇風機さんは年に2、3か月くらいしか働かないやつですからね。

 意外に場所を取るくせに活躍の場は多くないので、
 シーズン中はガッツリ使い倒します(−−)☆

スポンサーリンク

タグ:乾くるみ
posted by ササキマコト at 09:03 | 小説