神のダイスを見上げて/知念実希人

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


地球に向けて、巨大小惑星ダイスが接近中。人類は、あと5日で終わりを迎える。人々はその瞬間、『裁きの刻』をどう迎えるのか―。高校生の漆原亮の姉、圭子が殺された。コスモスの咲き乱れる花壇で、全裸で胸にナイフを突き刺された姿で発見された姉は、亮にとって唯一の家族、“世界そのもの”だった。恋人のこともそっちのけで、亮はとにかく犯人を見つけ出し、自分の手で復讐したいと暴走。そして“あるもの”を手に入れるため、クラスの“禁忌”と呼ばれる異端児・四元美咲に接触する。優しく、美しかった圭子を殺したのは、圭子の恋人だったのでは?しかしそれが誰なのかわからない。犯人を追い求めて、亮は圭子が入っていた天文学同好会、そしてダイスを崇拝するオカルト集団「賽の目」に踏み込んでいく…。人類滅亡まであと幾日もない中で、なぜ圭子は殺されなければならなかったのか―。絶望×青春ノンストップタイムリミット・ミステリー!!



◆感想


 ミステリーと捉えて読むと微妙かもしれません。
 青春小説と捉えた方が楽しめると思います。

 ミステリーと青春ものが、良く言えば混在しています。
 悪く言うと、どちらも中途半端に感じました。

 そんな感じで気になる点はありましたが、
 個人的には本作ヒロイン(?)の四元さんが好みだったので
 良しとしています。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、箸が壊れました(−−ゞ

 私は諸事情により左利き用の矯正箸を使っているのですが、
 それの先っちょが欠けてしまいました。

 そのとき、私は思ったのです。

 「よし!今日のブログのネタができた(−−)☆」と。

 ブログをやっていると、こういうときに良いですね。
 ちょっとした不幸や不運が全て「ネタができた」に変換されるので
 幸せな人生を送れます。

 ちなみに、壊れた箸は2012年の10月に買ったものでした。
 何気に7年近く使っていたのですね(−−;

 私の物持ちが良いのか、それとも外食ばっかりで箸を使う機会が少ないのか、
 それはご想像にお任せします。

スポンサーリンク

タグ:知念実希人
posted by ササキマコト at 12:12 | 小説