カササギの計略/才羽楽

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


僕が講義とバイトを終えてアパートに帰ると、部屋の前に見知らぬ女がしゃがみこんでいた。彼女は華子と名乗り、かつて交わした約束のために会いに来たという。なし崩しに同棲生活を送ることになった僕は、次第に華子へ惹かれていくが、彼女は難病に侵されていて、あとわずかな命しかなかった…。ともに過ごす時間を大切にする二人。しかし、彼女にはまだ隠された秘密があった―。



◆感想


 帯に「心温まるホワイトどんでん返し!」と書いてあったので
 期待して読んだのですが……。

 心温まる?

 ホワイト?

 確かに「どんでん返し」ではありましたけどね。
 どこら辺が「心温まる話」なのか私には分かりませんでした。
 悪意に満ちたブラック寄りの話です。

 なんとなく最後まで読みましたが、読み終えた後、
 ちょっと「イラッ(−−#」とした気分になりました。
 微妙にモヤモヤ感が残っています。


◆お気に入り度


 星2つ:★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日は歯医者さんの定期検診デーです。
 バッチリ歯磨きして、いざ行かん!(−皿−)☆

 ……というのが、今日の一番大きな出来事でした。

 つまり、今日も一日、平和だったわけです。
 あとはジャンプを読めば、今日のメインイベントは終わりです(−−)ノ

スポンサーリンク

タグ:才羽楽
posted by ササキマコト at 15:13 | 小説