夢の迷い路 単行本/西澤保彦

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


本好き美少女エミール&ジャンク映画フリーク男子ユッキー。置き去りにされた古い事件の話を当事者から聞かされ、二人の高校生が辿りついた真相とは!? 記憶違いと忘却で、こんがらがった謎をほぐします。追憶と慕情の本格ミステリー。



◆感想


 『さよならは明日の約束』の続編です。
 話自体は独立しているので本作単体でも楽しめますが、
 前作から読んだ方が話に入りやすいとは思います。

 内容は連作短編系のミステリーで、すべて伝聞調です。
 事件の内容を伝聞で聞き、それに対して、あーだこーだと推理します。

 個人的には前作ほどの驚きはありませんでしたが、
 普通に面白かったです。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、クソ暑い中、切れていたコーヒーを買ってきました(−−)☆
 これで快適パソコンライフがさらに快適になります。

 昨日のハイライトは、そんなところです。
 ここに書くことが思い浮かばないくらい、
 代わり映えのしない日々が続いております(−−ゞ

スポンサーリンク

タグ:西澤保彦
posted by ササキマコト at 10:09 | 小説