いつかの岸辺に跳ねていく/加納朋子

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


あの頃のわたしに伝えたい。明日を、未来をあきらめないでくれて、ありがとう。生きることに不器用な徹子と、彼女の幼なじみ・護。二人の物語が重なったとき、温かな真実が明らかになる。



◆感想


 面白くて、優しくて、悲しくて、切なくて、でも、やっぱり優しくて、
 めっちゃ好みでした(*´ェ`*)
 読んで良かったです。

 ただ残念なことにですね。
 この面白さを私なりの言葉で伝えようとすると
 どうやってもネタバレになっちゃいそう(−−ゞ

 幼なじみの男の子と女の子の話です。
 二部構成になっています。
 一部は男の子目線で話が進みます。
 二部は、一部と同じ話が女の子目線で進みます。

 書けるのはギリギリでここら辺までですかね。

 気になる方は、実際に読んでみてください(−−)ノ
 ちょっと切ないけど優しい物語です。
 どんでん返し……まではいきませんがミステリー的な要素もあります。


◆お気に入り度


 星5つ:★★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日は終戦記念日ですね。
 私も黙とうしておこうかと思います(−−)

 < 黙とう! (−−)

 ……(−−)

 < ありがとうございました (−−)ぱちっ

スポンサーリンク

タグ:加納朋子
posted by ササキマコト at 12:15 | 小説