人形は遠足で推理する/我孫子武丸

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


「スピードをもっとあげろ!ぶっ飛ばせ」私、めぐみ幼稚園の妹尾睦月です。今朝、園児たちと乗り込んだ遠足バスが警察が追っている殺人犯(しかも拳銃所持!)に乗っ取られるという事件に巻き込まれて、もう大変。同行の腹話術師・朝永さんと、彼が操る人形の鞠夫も大ピンチ!好評の人形探偵シリーズ第2弾。



◆感想


 何気に読み飛ばしていたシリーズ二作目です。
 読み飛ばしていた理由は売ってなかったから。

 展開自体はシリアスですが、どこかユーモラスな空気もありました。
 ミステリーとしては……どうなんでしょうね(−−?
 個人的には少しパンチに欠けていたような気がします。
 ミステリーとしてではなくキャラ物として楽しみました。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、昨日は台風の影響で通勤が大変だったみたいですね。
 Twitter上には読んでいて可哀想になるつぶやきが溢れていて、
 阿鼻叫喚の地獄絵図が想像できる状況でした。
 特に都市部の駅の混み具合とかはヤバかったみたいで……(−−;

 ちなみに『わわわIT用語辞典』のアクセス数が
 普段の半分くらいにまで落ち込んでいました。
 そっか、職場とかで見てくださっている人たちが職場に辿り着けないからか(−−;

 通勤がないから、お家さえ吹き飛ばされなければ大丈夫だと思っていたのですが、
 思わぬところで台風の影響を受けていました(ノ∀`)

スポンサーリンク

タグ:我孫子武丸
posted by ササキマコト at 05:09 | 小説