自殺予定日/秋吉理香子

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


「美しく強かな継母が父を殺した」再婚してわずか一年半足らずで父が急死。遺産とビジネスを受け継ぎ活躍する継母の姿にそう確信した女子高生の瑠璃。自らの死で継母の罪を告発しようと訪れた自殺の名所で“幽霊”の少年と出会い、ある約束をする。六日後―それが瑠璃の自殺予定日となった。瑠璃は父の無念を晴らせるのか?!すべての予想を裏切るノンストップ・ミステリ!



◆感想


 これは……中々に悩ましいですね。

 読後感とか良かったところとかを書こうとすると、
 それがそのままネタバレになってしまいます(−−;

 ……(−−)

 面白かったです(−−)ノ

 もう少しだけ頑張って書くと、わりと展開があっさりしていますし、
 ご都合主義に感じるところも少しありましたが、
 きちんと伏線が回収されたりもして納得の行く終わり方でした。
 個人的にはモヤモヤ感が残らなかったので満足しています。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日は少し頭が、ぼーっとしています。

 ぶっちゃけ、眠い(−−)Zzz・・

 二度寝しても良いのですが、せっかく起きたのでね。
 コーヒーでも飲んで、デキるビジネスマンごっこをしようと思います(−−)☆

スポンサーリンク

タグ:秋吉理香子
posted by ササキマコト at 08:18 | 小説