7分間でゾッとする7つの話/山口タオ

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


星新一ショートショートコンテスト出身の童話作家山口タオによる、短編ホラー7編です。いま特に人気のある、怖い話。でもこの本には、残酷だったりグロテスクな場面は出てきません。ちょっと背筋がゾクッとする。そして、なんだか心にのこる--。そんな7編の<さわやかホラー>です。朝の読書にも最適。



◆感想


 子ども向けなので、そこまでガッツリなホラーではありません。
 しかも読後感は、さわやか系です。
 怖いのが得意ではない人でも楽しめると思います。

 その分、本格的なホラーを読みたい人には向かないでしょうけどね。
 ガッツリなホラーが得意ではない私は楽しめました。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、ここ数日、結構ガッツリ寝ているのに眠いです(−−)Zzz・・
 昨日も何だかんだで9時間くらい寝ました。
 ところがどっこい、起きて1時間くらいの今の時点で、既に眠いです(−−)Zzz・・

 なんでだろ(−−?

 う〜ん……(−−ゞ

 ……(−−!

 きっと、アレですね。

 ゲーム三昧な日々を送っている最中は平均睡眠時間が3時間くらいだったので、
 その反動ですね。

 原因が推測できてスッキリしました。
 健康上の問題ではなさそうで安心したので、ガッツリ寝倒します(O__)Oパタッ


 (O__)OZzz・・

スポンサーリンク

タグ:山口タオ
posted by ササキマコト at 08:25 | 小説